読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mineo(マイネオ)で楽しむSIMフリーライフ

ユニークで面白い格安SIM、mineo(マイネオ)。今私が全力でおすすめできるmineoの魅力をお伝えします。

【mineoに変更する前に】スマホのデータを全てクラウド化して自由になる7つのポイント

f:id:kujira_midori:20161210183155j:plain

私はmineo(マイネオ)に変えることを機に、スマホの全てのデータをクラウドしました。

 

 

格安SIMの最大のメリットは、契約期間をはじめとするキャリア独自の囲い込みなどの縛りがなく、自由であることだと感じています。

 

その自由であるメリットをさらに進化させる方法、それが、スマホのデータを全てクラウド化すること。

 

クラウド化により、どの端末でも同じ環境で使えることにより、機種変がいつでもできる、複数のデバイスを使っていても同じ環境が手に入る。など、真の意味で自由になれるといえます!!自由って素晴らしい!

 

ここでは、私が実際にクラウド化した7つのデータについてお話しします。

(今、私はandroidXperia Z5)とiPhone6surfaceの3台を使い分けていますが、クラウド化のおかげでほぼ同じ環境で使え全くストレス無しです!)

 

 

 

【ポイント1】連絡先は「Googleアカウント」

f:id:kujira_midori:20170314222701p:plain

スマホが連絡手段である以上、必ず必要になるのが連絡先です。

 

そして、どの端末でも連絡先がないとメールも送れない、電話もかけれない。。。ので、クラウド化することでかなり便利になります。今連絡先をキャリア(ドコモ・auSoftbank)のアカウントに保存している人はすぐにGoogleアカウント」に保存するよう切り替えておきましょう。

 

【ポイント2】メールは「Gmail」、「LINEアカウント」はメール登録で引き継げるように

f:id:kujira_midori:20170314224029p:plain

次に連絡手段として重宝するのが、Gmail「LINE」

 

mineoに変えるとキャリアメール(@docomo、@ezweb、@softbank)が使えなくなります。ですが、そもそも携帯会社を変えるたびに連絡先を伝え直すのは面倒ですよね。

 

ここは思い切って携帯メールをgmailに変えた方が便利です。

 

gmailは携帯会社に紐付かないので、これから先どの携帯会社に変えても同じメールアドレスを使えることになります。

 

ただし、3大キャリア以外からのメールを受信拒否している人もいますので、そういう方には届かない恐れもあります。メール変更前にLINEやSMSで連絡が取れるようにしておきましょう。

 

LINEについては、mineoに変更する前にメールアドレスや電話番号を必ず登録しておきましょう。そうすれば、端末が変わった場合でもメールアドレスや電話番号をキーに自分のIDや友達を引き継ぐことができます。

 

ただし、androidの場合、トーク内容自体は変更前のアカウントでバックアップをあらかじめとっておかないと引き継げないので、必ずバックアップを取っておくようにしましょう。

 

【ポイント3】写真は「Google フォト」

f:id:kujira_midori:20170314224258p:plain

スマホのカメラで良い画質で撮ろうとすると、実は1枚あたり10MBくらいのサイズになったりしていて、気づけば結構容量をくっているもの。

 

クラウドサービスを使えば、スマホ本体の容量が節約できる上、どの端末からでも写真を見ることができるなど利便性も上がり一石二鳥。

 

そんな写真のバックアップとして他のサービスを大きく引き離して超オススメなのがGoogleフォト」です!

 

このGoogleフォトのいいところを3つあげておきます。

 

①バックアップできる容量は実質無制限!

Googleフォトでは、16MP以下のサイズの画像であれば容量無制限でアップロードできます。スマホの場合、どんなに高画質でとっても16MB以下、もしそれを超えたとしても、画質低下を極力抑えた形でリサイズされて保存できます。

 

最初はクラウドにあげると画質が低下するのではないか、と心配もありましたが、実際に見てみると全然そんなことは無く、キレイなまま保存できています。

 

②検索機能が優秀すぎる!

一般的なアルバムアプリでも日付や場所でソートできる機能はあります。

 

が、なんと、Googleフォトの画像検索機能では、「山・海・犬・猫」といった抽象的な言葉でも検索できたり、顔認識で同じ人物でソートできたりもするんです!その精度も素晴らしく、Googleの画像検索技術をフルに活用した検索ができます。

 

驚いたのは、小さい子供は数年たてば成長に合わせて顔も結構変わっていくのですが、完璧にソートしてくれています。本当にすごいです!

 

③どのデバイスでも共有しやすい。

これはクラウドで画像を管理するメリットで全般的に言えることですが、スマホの小さい画面ではなく、タブレットやPCの大画面で写真を見たくなると思います。

 

そのときに、ローカルにおいていたらメールやLINEでまずはPCに送って。。。といった手順が必要になりますが、Googleフォトなら、手間がかからず、複数のデバイスで共有できるのは優れものですよね。

 

写真が一番クラウド化するメリットが大きいかもしれませんね。

 

【ポイント4】音楽は「Google Play Music

f:id:kujira_midori:20170314224558p:plain

私のスマホのストレージ容量ナンバーワンが音楽でした(ちなみにナンバーツーは、先程記載した写真)。

 

私の場合、合計20GB以上も持ち歩いていたため、これがネックでスマホ本体のストレージが64GB以上は必要だったり、大容量のSDカードを入れたりしていました。

 

今では音楽も全てクラウドにあるので、容量ゼロ(正確には、クラウドから聞いたものがキャッシュ化されるのでゼロではないですが)。

 

ここでもオススメなのがGoogle「Play Music」

 

ストリーミングで3000万曲以上聞ける有料サービス(私はこちらで登録)もありますが、ストレージとしてだけ使いたい場合でも無料で使うことができます。1曲300MB以内、最大5万曲まで保存できるということで、実質的にこちらも無制限!

 

5万曲なのでアルバム5000枚分です!毎週新しいアルバムを追加した場合でも、年間約50枚。100年はもちます(笑)。一生かかっても大丈夫な容量ですよね。かなり太っ腹です!

 

最初のアップロードがちょっと大変で、20GB分の楽曲を全てアップロードするのに丸1日くらいかかりましたが、一度上げてしまえばあとは楽。どの端末でも自分の音楽が聞けるのはすごく快適です。

 

注意事項としては、Google Play で買った音楽はクラウド上ですぐに反映されるのですが、Google Play Musicでしか聞けない!という罠も。なので、私は少々手間ですが、moraかitunesで買ってアップロードしています。

 

格安SIMを使っていると気になるのは通信容量ですが、それほど気にしなくてもよいかと思います。1曲10MBくらい消費しますが、一度聞いた曲はキャッシュされて2回目からは容量を消費しませんし、よく聞くアーティストなどは家でwifiでダウンロードしておけばOK。やりようはあります。

 

音質についても、十分クリアでいい音。(音自体はスマホ本体やイヤホンの影響の方が大きいです。)

 

3の写真と4の音楽をやれば、どのデバイスでも使えるという自由さだけでなく、スマホのストレージを大きく減らすことができるので是非皆さんもトライしてみるべきだと思います。ほんとに。

 

スポンサードリンク

   

 

【ポイント5】ドキュメントは「One drive」

f:id:kujira_midori:20170314224721p:plain

写真や音楽以外のドキュメントは「One drive」がおすすめです。

 

クラウドストレージは色んな選択肢があって、Googleドライブ やDropBoxなど他にもメジャーなサービスもありますが、以下の理由で私はOnedriveをおすすめします。

 

クラウド版ワード、エクセル、パワーポイントが無料で利用できる。

これが一番大きいですね。PCと間でデータ共有する場合、どうしてもエクセルやパワーポイントのファイル形式になってしまいます。One driveはマイクロソフトのサービスですので、これらとの親和性は高く、しかもモバイル版アプリは無料で利用できるんです!

 

Googleフォトに表示させたくない画像も余計な心配なく保存できる。

Googleドライブに画像や動画を保存した場合、何気なく保存したデータが勝手にGoogleフォトと共有されてGoogleフォト側でも表示されることがあります。もちろんGoogleフォト側の設定で、「Googleドライブは対象としない」を選択することはできますが、余計な心配をしたくない人は最初からOne Driveを使うほうが気が楽ですね。

 

【ポイント6】ToDoは「Evernote」 or 「Google Keep」

f:id:kujira_midori:20170314224813p:plain

ToDoやちょっとしたメモ。これも端末を変えて消えてしまうのはもったいないですよね。日頃からクラウドへ書き込むようにしておけばOK。ここはメジャーなEvernoteGoogle Keep」を使えばよいでしょう。

 

個人的には、レビューなどの文章など恒久的に保存したいものは「Evernoteちょっとしたメモやアイデアなど、書いては消しするものは「Keep」、というような使い方をしています。

 

【ポイント7】その他、フィットネスはGoogle Fit、家計簿はZaim、までやれば完璧

f:id:kujira_midori:20170314224958p:plain

まだまだ色んなアプリがありますが、今のアプリってほとんどが既にクラウド化されているもの。「facebook」や「twitter」、「instagram」などは同じアカウントでログインすれば大丈夫です。

 

それ以外で、個人的にクラウドにして便利だと思ったものは、「フィットネスアプリのGoogleフィット」「家計簿アプリのZaim」です。

 

Googleフィットは、万歩計代わりに使っています。通勤や仕事中の移動などで1万歩以上は歩くので、モチベーションを維持するためにもデータをずっと保存できるGoogleフィットは愛用しています。

 

また、家計簿アプリZaimですが、こちらも過去の収支などを管理するのに使っています。

 

上記のようなサブ使いのアプリってデータがローカル保存だと結構移行が面倒。まあいいかと思って乗り替えるたびにデータを捨てるのはもったいない!この機会に是非クラウド化しておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。この7つのデータをクラウド化しておけば、端末変更のときだけでなく、PCやタブレットでも共有でき、スマホのスリム化と便利さの両方のメリットを享受できることだと思います。

 

是非今からコツコツはじめて、mineoで、SIMフリー&端末フリーな生活を楽しんでください!

 

 

 

 

2017年1月7日~5月9日までは2,000円もらえる紹介キャンペーンも実施中ですので、もし紹介者が身近にいないようでしたらこのリンクから申し込んでいただけるとキャンペーンが適用されますよ(^_^)