mineo(マイネオ)で楽しむSIMフリーライフ

ユニークで面白い格安SIM、mineo(マイネオ)。今私が全力でおすすめできるmineoの魅力をお伝えします。

ドコモがSIMロック解除の条件を緩和!mineoでの影響は?

(投稿日 2017年6月13日)

SIMロック解除ルール緩和

2017年5月24日にドコモがSIMロック解除のルール変更を発表しました。

 

SIMロック解除って何?どうルールが変更されたの?

SIMロック解除という言葉自体になじみにがないのに、ルールが変わったと言われても、そもそもよく分かりませんよね。

 

でも、実は今回の変更は格安SIMのmineo(マイネオ)を今から使いたいと思っている人にとって、とてもメリットのある変更なのです。

 

今回は、SIMロック解除のルールがどう変わったのか、ユーザーにとってはどんなメリットがあるのか、について解説したいと思います。

とてもメリットのある変更なので覚えておいて損はないですよ!

これまでのSIMロック解除のルール

まずは、「SIMロック解除」についておさらいしましょう。

SIMロック解除とは

現在、3大キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)は、自社で販売しているスマホ端末には自社のSIMしか使えないように設定をしています。これをSIMロックといいます。

 

SIMロック解除とは、この制限を外し、どの会社のSIMを挿しても使えるようにすることをいいます。

これまでのSIMロック解除ルール

これまでもSIMロック解除は、一定の条件を満たせば実現可能でした。しかし、その一定の条件とは、以下のとおり厳しいものでした。

 

これまでのSIMロック解除ルール

 

上記のとおり、どのキャリアも、スマホ端末の購入日から181日以上待たないとロック解除できませんでした。

 

【補足】これまでのSIMロック解除ルールについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

 

このSIMロック解除に関するルールが、ユーザーにとって使い勝手のいいものに変わることになります!

 

変更後のSIMロック解除のルール

SIMロック解除ルール変更の背景

SIMロック解除のルールが変更となるきっかけは、2017年1月に発表された総務省の方針でした。総務省格安SIMの普及への課題を示したガイドラインにより、SIMロック解除ルールの緩和が明記されたのです。

<参考>総務省|モバイルサービスの提供条件・端末に関するガイドライン についての意見募集の結果

 

ポイントは以下の2点になります。

  • SIMロック解除期間を、(分割の場合)100日程度以下、(一括の場合)支払いを確認できるまで、の期間に短縮すること ⇒3キャリアが該当
  • ②同系列のMVNOにはSIMロックはかけないこと ⇒auが該当

 ①により、これまで約半年待たなければならなかった期間が約半分に短縮されます。

また、②については、auのVoLTE対応端末の場合、mineoのauプランのような同系列のMVNOのSIMを使う際にもSIMロック解除が必要であったのですが、これが撤廃され、SIMロック解除不要で使えるようになります。

 

①②とも、格安SIMに変えようと思っている人にとってはメリットが大きいですね!

ガイドラインに対する3キャリアの対応

新しいガイドラインができたのは嬉しいけど、実際の対応はどうなっているの?

それでは、現在の3キャリアの対応状況について説明しましょう。下表をご覧ください。

 

総務省ガイドラインの対応状況

 

ドコモについては、①②とも新ガイドラインに対応しています。(2017年5月に①に対応、②についてはドコモは元々ロックなしでした。)

 

いち早くドコモが対応を発表しましたが、auソフトバンクはどうなのかというと、実は現時点ではまだ何も発表されていません。ただし、総務省ガイドラインでは対応時期のデッドラインが決められていますので、遅くともそれまでには発表があるものと思われます。

 

SIMロック解除ルール変更のmineoへの影響

さて、ではこのルール改正でmineoへの乗換えを検討している人にとってどんなメリットがあるのでしょうか。今お使いのキャリアによって影響が違うので、それぞれ説明します。

 

ドコモ端末の場合

ドコモ端末の場合、mineoのdプランで使えますが、元々SIMロック解除不要で使えていますので、従来から対応済であったと言えます。

au端末の場合

au端末の場合、mineoのauプランで使えますが、auVoLTE端末(2015年5月以降発売の端末)以降、同じau系列のMVNOにも拘わらずSIMロック解除が必要でした。

 

この手間がなくなりますので、ドコモと同じように、SIMロック解除不要で使えるようになるというメリットがあります。

ソフトバンク端末の場合

ソフトバンク端末の場合、mineoではソフトバンクプランはありませんので、SIMロック解除してmineo-dプランで使うことになります。この場合、SIMロック期間が180日⇒100日に短縮されることは大きなメリットがあると言えます。

 

→mineoの対応端末を確認

まとめ

今回のSIMロック解除のルール変更についてまとめます。

SIMロック解除までの期間は100日以下に短縮。同系列ではロック解除不要に。

・2017年6月時点で対応しているのはドコモだけ。

auソフトバンクは、2017年8月以降対応予定。

 

いかがでしたでしょうか。新しいSIMロック解除ルールについて少しは理解できたのではないかと思います。

 

SIMロック解除が不要になる意義は、格安SIMのハードルが下がるということです。

 

auソフトバンクの条件が緩和されれば、マルチキャリアとしてauのSIMもドコモのSIMも使えるmineoでは大きなメリットがあります。

 

マルチキャリア以外にも、フリータンクやマイネ王といった独自のサービスで人気のmineo。

 

mineoへの乗り換えに迷っている人は、まずは料金シミュレーションでもしてみてはいかがでしょうか。きっと今キャリアに払っている料金の高さに驚くと思いますよ!

→mineoの料金シミュレーションを実施する

 

それでは、みなさんもmineoで楽しいSIMフリーライフを♪

 

料金シミュレーション